· 

誕生日プレゼント

23歳の一人息子が、50歳の誕生日祝いにプレゼントを送ってくれた。

前に何がいいかと聞かれて余所行きの服がないと答えたので、箱の中身は洋服だと判っていたが、

どういう見立てをしてくれたのか何だか嬉しい気持ちになった。

そういえば、昨年はアンダーアーマーの長袖Tシャツを贈ってもらったか。

 

無造作にガムテープで組まれた箱を開けてみると、BEAMSのタグつきゴムで口を閉じたオレンジの袋が出てきて、可愛らしい動物の絵柄が透けて見える!!?

妻と笑ったが、自分では全く選ばない、選べないタイプのセーター。これは冗談で?本気で?

着ない訳には行かないので着てみると、似合ってるともまた着こなせるとも言い難く…(苦笑)。

あと十年後?似合うような歳が来る?それとも

「殻を破れ!」と息子は言っている???

 

人生はちゃめちゃだけど悲観主義、着るものは至ってフツーのつまらない自分に

こんなお茶目に息子が育ったのは、ふと我に返ると本当に不思議で、思いがけない幸せだと思う。